スタッフ日記

不動産の名義変更~認知症の方がいます~

  2016/11/11    登記, 相続・遺言

不動産の名義変更(相続登記)のご相談の中で,よく質問を受けるものをご紹介します。ご参考になれば幸いです。

 

Q7 相続人の中に,認知症で判断能力が不十分な高齢者がいます。身の回りの世話をしている親族を代理人として,手続きを進めることはできませんか?

 

相続人に,精神障害者や認知症などで自身の財産についての判断能力が不十分とみられる方がいる場合,その判断能力の程度によっては有効に遺産分割協議を行えない場合があります。

事実上,身の回りの世話をしているというだけでは,代理人として遺産分割協議に参加することはできません。

この場合,家庭裁判所に申立てを行い,正式に財産管理を代理できる「成年後見人」を選任してもらう必要があります。

成年後見人を選任せずに遺産分割協議を行い,協議の後で相続人に判断能力がないことが分かった場合,その協議は無効になってしまうため,慎重な判断が必要となります。

不動産の名義変更~未成年者がいるのだが・・・~

  2016/11/11    登記, 相続・遺言

不動産の名義変更(相続登記)のご相談の中で,よく質問を受けるものをご紹介します。ご参考になれば幸いです。

 

Q6 相続人の中に未成年者がいます。手続きの進め方に違いはありますか?

 

未成年者は,原則として単独で財産上の法律行為を行うことはできず,親権者が代理人として手続を行う必要があります。

遺産分割協議も財産上の法律行為にあたるため,相続人の中に未成年者がおり,遺産分割協議が必要となる場合は,親権者が未成年者に代わって協議に参加することになります。

ただし,未成年者の代理人となる親権者もまた相続人となる場合

例えば,未成年者の父が亡くなり,未成年者とその母がいずれも相続人となる場合は,

未成年者と親権者との利害が対立する可能性があるため,親権者が代理人となることはできません。

この場合,家庭裁判所に申立てを行い,「特別代理人」を選任してもらう必要があります。

選任後,特別代理人と親権者(母)との間で遺産分割協議のうえ,相続登記を申請することになります。

不動産の名義変更~行方不明者がいるのだが・・・~

  2016/11/11    登記, 相続・遺言

不動産の名義変更(相続登記)のご相談の中で,よく質問を受けるものをご紹介します。ご参考になれば幸いです。

 

Q5 相続人の中に行方不明者がいます。それ以外の相続人だけで手続きを進めることは可能ですか?

 

相続人の中に行方不明者がいらっしゃる場合,その方を除いて手続きを進めることはできません。

行方不明者の戸籍や住民票をたどるなど手を尽くしても相続人の生死や所在が確認できない場合にも,法律に定められた例外(失踪宣告)を除き,相続人全員で協議を行わなければ,遺産分割協議は成立しません。

この場合,家庭裁判所に申立てを行い,行方不明者の代理人として協議に参加する「不在者財産管理人」を選任してもらう必要があります。

なお,不在者財産管理人を選任する場合,遺産分割協議が終了しても,財産管理人の業務は終了しません。行方不明者の生死・所在が明らかになるか,管理財産がなくなるまで管理人の仕事は終わりません。

不動産の名義変更~どこに不動産があるのか分からない!~

  2016/11/11    登記, 相続・遺言

不動産の名義変更(相続登記)のご相談の中で,よく質問を受けるものをご紹介します。ご参考になれば幸いです。

 

Q4 個人が不動産を所有していたことは分かっていますが詳しい所在が分かりません。相続登記はできますか?

 

不動産の詳しい所在が分からなくても,市区町村名まで特定することができれば,その市区町村に問い合わせをすることで,不動産の詳しい所在を確認することができます。

したがって,不動産の所在地が分からない場合でも,相続登記は可能です。

不動産の名義変更~遠方に不動産があるのだが・・・~

  2016/11/11    登記, 相続・遺言

不動産の名義変更(相続登記)のご相談の中で,よく質問を受けるものをご紹介します。ご参考になれば幸いです。

 

Q3 相続人は札幌に住んでいますが,不動産は遠方にあります。札幌にいながら相続手続きを進めることは可能ですか?

 

当事務所では,インターネットを利用したオンライン手続きで登記申請を行っており,不動産が全国どこにあっても対応することができます。

なお,司法書士は,原則として,登記の依頼者ご本人と直接面談をする必要があるため,ご依頼にあたっては,不動産の所在地よりも相続人のご住所を基準に事務所を選択することをおすすめします。

不動産の名義変更~権利証が見つからない!~

  2016/11/11    登記, 相続・遺言

不動産の名義変更(相続登記)のご相談の中で,よく質問を受けるものをご紹介します。ご参考になれば幸いです。

 

Q2 個人の遺品を整理しても,不動産の権利証が見つかりません。相続登記はできますか?

 

相続登記には,原則として権利証(登記済証,登記識別情報通知)は必要ありません。

したがって,亡くなった方の権利証が見つからなくても,相続登記はできますので,ご安心ください。

ただし,亡くなった方の登記記録上の住所と住民票上の住所がつながらない場合には,権利証が必要となるケースもあります。

不動産の名義変更~相続登記はいつまでに?~

  2016/11/11    登記, 相続・遺言

あいわ通信でもご紹介しましたが,

不動産の名義変更(相続登記)のご相談の中で,よくご質問を受けるものをご紹介します。ご参考になれば幸いです。

 

Q1 相続登記は,いつまでにすればよいのですか?

 

相続登記には,いつまでという期限はありません。

法律上,相続登記の義務はなく,罰則もありません。

しかし,相続登記をしないで放置をしておくと,次のような不利益があります。

 

① 相続した不動産を処分(売買,担保設定など)することができない。

 

② さらに相続が発生することで権利関係が複雑になってしまい,時間の経過とともに手続きを進めることが難しくなってしまう。

 

③ 集めなければならない書類が増えてしまい,登記にかかる費用も割高になってしまう。

 

このため,当事務所では,相続登記はなるべく早めに行っていただくようおすすめしております。

休日の研修

  2016/11/01    相続・遺言, 研修会

こんにちは。粒来です。
先週の土曜日,神奈川から有名な司法書士が講師にやってくるということで
前週に引き続き,相続(遺産承継)業務の研修会に参加してきました。

161101_102010_ed

↑研修のレジュメ。分厚い資料をもらっただけで,少し賢くなった気になります。

 

実際の仕事でも不明点が出てくる都度調べたり勉強したりはするのですが,
そういう時はどうしてもその場で必要なポイントの確認にとどまってしまい
全体を体系的に勉強できる機会はなかなかありません。
講師の鯨井康夫先生はこの業務の草分け的存在で,
今回の研修でも実践的な知識を網羅的かつ分かりやすく説明していただき,
とても勉強になりました。

 

ところで最近,めっきり日が短くなりましたね。
土曜日の研修はたいてい13時から17時までの4時間なのですが,
このくらいの時期になると,17時に研修会場から出たら外はもう真っ暗です。

 

休日に家にいたところでめざましい働きを見せることはまずなく,
もっぱら妻からご指導ご鞭撻を受ける立場なので
研修を受けるというのはとても有意義な時間の使い方のはずなんですが,
外に出てあたりが真っ暗だと,露骨に1日が終わってしまった感じがして
いつもちょっとがっかりします。

 

研修会場は街中のことが多く,このまま休みを終わらせるのももったいないので
ちょっと寄り道をして帰ってやろうかとも考えるのですが,
あまり遅くなると帰宅した瞬間に妻のご指導ご鞭撻が待ち構えているので,
たいていはまっすぐ帰ります。

遺産承継業務に関する研修

  2016/10/21    相続・遺言, 研修会

おはようございます。大西です。

先日,札幌司法書士会による「遺産承継業務に関する研修会」に参加して参りました。「遺産承継業務」とは亡くなった方が残してくれた遺産を,各相続人の方々に引き継ぐための業務です。

亡くなった方の財産のことを遺産とよびますが,大きく分けると

・不動産

・預貯金

・株式などの出資金

・現金

・貴金属類や家具類などの物

と,それぞれの財産によって引き継ぐための手続は異なります。

これらの遺産を確認して,各相続人の方々へ引き継ぐための手続を行うことになるのですが,なかなか時間と手間が必要なものとなります。

今回の研修では,講師の先生が実際に取り扱った実例をもとに説明がありました。遺産承継と一言に申し上げましても,それぞれ亡くなられた方の遺産や,家族構成等により,その手続は多種多様です。

実例に基づいて,具体的な対応について話を聞くことができましたので,私にとってとても価値がある研修となりました。