スタッフ日記

円山を登ってきました

  2017/03/08    キャンプ・登山

こんにちは,高井です。

 

3月5日(日)は,天気も良かったので,子どもと一緒に円山を登ってきました。

札幌の街中は,だいぶ雪も少なくなってきましたが,円山の登山道には,たくさんの雪が積もっていました。

今回も,いつも通り,八十八箇所コースから登り,動物園コースで下山するルートです。

登山道は,3月に入り,日中と夜の寒暖差がでてきたせいか,アイスバーンになっているところもありました。

 

 

しかし,私は軽アイゼンを装着し,娘もスパイクを長靴に縛り付けて登ったため,アイスバーンも苦にせず登ることができました。

 

3月になっても雪が,まだまだ残っていますので,登山者は少なく,静かな登山を楽しむことができました。

 

山頂からの景色は,迫力のある景色で,娘とお菓子を食べながら,しばらくの間,札幌の街並みを眺めていました。

今回のコースタイムは,登り40分,下り30分と,なかなかの好タイムでした。

 

下山後は,いつものとおり,動物園によって,キリンやカバなどをのんびりと見て,帰りました。

雪があるうちに,もう一度くらい登りに来たいです。

円山登山

  2017/01/05    キャンプ・登山

司法書士の高井です。

本年も,どうぞよろしくお願いいたします。

 

12月31日に,5歳の娘と2歳の息子を連れて,円山を登ってきました。

大晦日に,山を登っている人なんてほとんどいなく,いつにもまして,円山は静かでした。

 

今回は,娘の長靴にスパイクを装着したので,娘は,スリップをすることもなく,黙々と山を登っていきます。

息子は,私の抱っこが気持ち良いのか,いつも登りはじめてすぐに眠ってしまいます。

 

静まり返った円山を登って山頂付近まで到着すると,「コン,コン,コン」と木をつつく音が聞こえてきました。

 

あたりを見回してみると,目の前の大きな木に,木をつつく「アカゲラ」の姿を発見しました。驚かさないように,静かに見ていると,どんどん下の方まで降りてきて,娘の目線の高さのところで,木をつつき始めました。

そーと近づくと,飛んでいくこともなく,目の前で,じっくりと「アカゲラ」を見ることができました。

 

その後,山頂まで到着すると,札幌の街中がきれいに見えました。

12時間後には,初詣の人たちで,すごい賑わいになるのでしょうが,私たちが登ったお昼過ぎには,人はほとんどいません。動物園も休みだったため,山頂には誰もいなくて,本当に静かでした。

しばらく,山頂からの景色を眺めていると,今年も,色々な方にお世話になり,無事に終わることができたこと,来年も一つ一つの仕事を大切にしなければという気持ちに不思議となるものです。

 

昨日の所長の椎名のスタッフ日記の中でも,

「依頼者本人の話を良く聞く」ということが,依頼者との信頼関係を築くうえで大切であるということが書かれていました。

私も心がけてはいるのですが,なかなか実践できていないところがあるのかなと感じております。

 

依頼者と接するときは,いつも,準備万端,お待ちしておりましたという状況にあれば良いのですが,ときには,法務局への登記申請や,締め切りの迫った書面の作成に追われていたり,相手方との和解交渉やヤミ金との交渉中で戦闘モードに入っていたりなど,私自身の気持ちに余裕のない中で,依頼者と接する状況にあったりします。

 

そんな時間に追われている中,興奮している中で,相談者や依頼者と接してしまうと,そのときの気持ちの延長線上で,相談者と接してしまい,ついつい,私主導のペースで面談や打ち合わせを進めてしまいます。

 

司法書士が相談を受けるのは,相続の手続だったり,債務整理や労働問題など,その方にとっては,一生に何度もあることではありません。そのため,所長の言うとおり,依頼者との信頼関係を築くということが大切な仕事であると感じております。

 

そこで,私は,相談室に入るときには,一呼吸おいてから,相談者・依頼者と接するように心がけております。

忙しいときほど,このことを意識しており,「大変な相談を私にしてくれて,ありがとうございます」と心に思ってから,相談室に入るときもあります。

 

そうすることで,不思議と気持ちもリセットされて,相談者や依頼者と正面から向き合うことができ,お話もじっくりと聞くことができるようになると感じております。

意識しなくても自然とできれば良いのですが,まだまだ未熟なので,普段は,気持ちをリセットすることを意識してから,依頼者とは接するように心がけております。

 

今年も,この意識を忘れることなく,一つ一つの仕事に真摯に取り組んで行こうと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

IMG_5077

円山のお地蔵さんです。どのお地蔵さんも,冬になると,帽子をかぶるなど暖かくしています。

円山を登ってきました

  2016/12/23    キャンプ・登山

こんにちは,高井です。

12月18日(日)に,子供たちと円山を登ってきました。

登山コースは,いつものとおり,八十八カ所ルートから登って,傾斜の緩やかな動物園ルートで下山してくるルートです。

連日の大雪で,円山の登山道もすっかり雪で覆われていました。

私は,トレッキングシューズに軽アイゼンをつけて登っていたので,スリップの心配はありませんでしたが,一緒に登った娘は,普通の長靴だったので,滑って歩きづらそうにしていました。

 

悪戦苦闘しながら,登りはじめて1時間ほどで山頂に到着しました。

IMG_5047

 

天気もよく,札幌の街中が目の前に見えます。

冬場は空気が澄んでいて,眺める景色がきれいです。

 

途中に,野鳥もたくさん見ることができ,私が手のひらをひろげていると,エサをもらえると勘違いしたのか,

私の手のひらにとまった野鳥もいました。

IMG_5046

 

野鳥を身近に感じられるのも,冬のハイキングの楽しみです。

 

下山後は,動物園によって帰りました。

この日は,ヘビが見たいというので,は虫類・両生類館をじっくり見ました。

展示されているヘビやトカゲ,カエルは,周りの景色に溶け込んでいて,見つけるのに,けっこう苦労します。

それを探すのが,よっぽど楽しかったのか,館内を2周もしました。

 

私は,岩の上からピタッと動かないイグアナをずっと見ていました。

5分ほど見ていても,全然動きません。

IMG_5056

 

じっと動かないでいるのって,大変なのに,は虫類って不思議だなと思いました。

イグアナの反対側に展示されているワニなんて,5分どころか,30分,1時間も全く動いていないように見えました。

 

動物園に頻繁に行っていると,様々な角度で動物を観察ができて,楽しめるものです。

また,冬場の動物園は,来園者も少なく,静かにゆっくりと動物を見ることができます。

 

冬の円山動物園は,おすすめです。

秀岳荘 冬のセール

  2016/11/22    キャンプ・登山

おはようございます。高井です。

 

今月開催された,秀岳荘の冬のセールに行ってきました。

昨年のセールでは,スノーシューを購入し,雪山ハイキングを始めましたが,

今年は,ゆっくりとお店に行く時間がなくて,

ユニフレームの焚き火テーブルを購入するだけでした。

 

FullSizeRender

 

これまでコールマンのミニテーブルを焚き火台のすぐ近くに置いて使っていたのですが,

熱のため表面のコーティングは剥がれて,でこぼこになっていました。

この焚き火テーブルがあれば,焚き火のすぐそばでもガンガン使えて,キャンプでは,

今まで以上に焚き火を満喫できそうです。

 

しかし,キャンプで焚き火を楽しむのは,半年以上先のこと。

購入した焚き火テーブルの出番は,まだまだなさそうです。

 

 

ところで,冬になると,北海道のキャンプ場はすべて閉じられるのかなと思っていましたが,

中には通年で営業しているところもあるようです。

私の好きな朱鞠内湖も,バンガローは通年営業をしているようです。

厳冬期の朱鞠内湖がどんな景色なのか見てみたいのですが・・・

誰か,付き合ってくれるかな。

 

 

※下の写真は,ピンク色に染まる夏の朱鞠内湖です。

IMG_4785

 

晩秋の円山 登山

  2016/11/08    キャンプ・登山

おはようございます。高井です。

週末は,北海道各地で大雪になりましたが,雪が積もる前の,10月29日に子供たちを連れて,円山登山に行ってきました。

円山でも,だいぶ紅葉が進んでおり,山を登るにつれて,落ち葉も目立つようなりました。

そのような景色を眺めながら登っていると,まもなく冬がやってくるんだなと感じる一方,これからは静かな雪山ハイキングも楽しめるんだなと,冬の訪れが楽しみだなと感じるときもありました。

そんなことを考えて登っていると,山の中腹あたり,ちょうど,最初のピークの手前あたりで,木々がきれいに色づいているところがありました。

思わず,きれいだったので,写真を撮ってしまいましたが,他の登山者も同じように感じたのか,みなさん,私と同じところで写真を撮っていました。

IMG_4996

 

一緒に登った娘の足どりも軽快で,今では円山は難なく登れるようになるまで体力がついていました。

登りはじめて1時間ほどで山頂に到着すると,先日登った藻岩山が大きく見えました。

IMG_5002

 

山頂からの景色は,藻岩山からの景色も周りの山々が大きく見えて良いのですが,私はどちらかというと,札幌の街中が目の前に見える円山からの景色の方が気に入っています。

IMG_5003

特に快晴のときは,札幌の市街地が目の前にきれいに見えるため,迫力のある景色を楽しむことができます。

これから冬になると,円山では,野鳥を身近に感じることができ,登山者も少なくなるため,静かな登山を楽しむことができるようになります。

12月に入って雪が積もっても,円山登山を続けていきたいです。

 

 

 

藻岩山 登山

  2016/10/23    キャンプ・登山

こんにちは,高井です。

10月22日(土)は,子供をつれて藻岩山を登ってきました。
登山コースは,比較的登りやすいと思われる「スキー場コース」から登ることにしました。

登山道には,先日降った雪がところどころ,積もっていましたが,
いつも登っている円山と同じく,登山道は整備されていて,歩きやすかったです。

IMG_4968

藻岩山は,紅葉がだいぶ進んでおり,それを眺めながら歩いていると,

きれいだなと感じる一方,まもなく冬がやってくるんだなとも感じました。

森の中をしばらく歩いていると眺望がひらけ,後半は「うさぎ平」コースの脇を通って,

山頂を目指します。

ここからは登りがきつくなり,娘をはげましながら,なんとか頂上まで登ることができました。

IMG_4978

山頂につくと,雨が降り出し,眺望はいまいちでしたが,

普段登っている円山が小さく見えて,ずいぶん高いところまで登ったんだなと

それなりの満足感もありました。

下山前にソフトクリームを食べて元気を取り戻し,

帰りはスキー場のコースを通って,コースをショートカットして山を下りました。

IMG_4983

スキー場コースを歩くという経験もなかなかないので,気持ちがいいものでした。

 

 

滝野の森を散策しました

  2016/10/19    キャンプ・登山

こんにちは,高井です。

10月16日(日)は,滝野の森を散策してきました。

普段はあまり行かない,西の森エリアと東の森エリアの2カ所をガイドの人に案内してもらいながら散策してきました。

滝野の森は,紅葉が進んでおり,きれいに色づいている木々もありました。

ガイドさんの話によると,森で真っ先に紅葉するのが,ツタウルシの木だということです。

IMG_4945

上の写真のとおり,ツタウルシの木は,きれいに赤く色づいていました。

森を奥に進んでいくと,色づいている木と,まだ緑の木がそれぞれあり,あと1週間後くらいが見頃なのかなと感じました。その中で,ガイドさんが一番きれいだと話していたのが下の写真の木です。

IMG_4953

紅葉が進んでいるのを見ると,冬が近づいているんだなと感じます。

その中で,すでに来年の春に向けて準備をしている草木の姿について,ガイドさんから説明受けるなど,今回は,違った角度で森を散策することができ,楽しかったです。

結局,西の森と東の森をあわせると4時間くらい森の中を歩き続けました。

一緒に行った妻は,くたくたになっていましたが,円山登山で鍛えた娘は,まだまだ遊び足りないようで,帰りに車の中でもみんなが寝ている中,ずっと起きていました。

これだけ体力がつけば,いよいよ藻岩山登山にも挑戦できるかもしれません。

次の天気の良い休みの日は,藻岩山登山に挑戦しようかなと思います。