スタッフ日記

白金国設野営場

  2018/08/30    キャンプ・登山

 

こんにちは,高井です。

前回は,十勝岳連峰の上ホロカメットク山の登山について書きました。

 

下山後,近くの温泉に入りのんびりとしましたが,温泉からあがっても時間はまだ13時前。

天気は回復して青空が広がっています。次の日は仕事は休みにしていました。このまま帰るのはもったいないという気持ちになってきます。そして,車には,ヘトヘトになって帰れなくなったときに備えてテントを積んできました。

自宅まで運転して帰る体力は残っていましたが,私の頭の中は,もうすでにキャンプモードです。温泉に入っているときには,6月の美瑛マラソンでも泊まったすぐ近くの白金国設野営場に行こうという気持ちになっていました。

 

キャンプ場は,夏休みだし混んでいるかなと思いましたが,キャンプ場についても,そんなに混雑していません。もうキャンプすることに確定です。

すぐに,タープとテントを張って,のんびりとすることにしました。

 

なお,今回はキャンプと言っても家族は妻の実家に帰省していたので,私一人でのキャンプです。

 

食材やビールを何も準備していなかったので,美瑛市街地のコンビニで簡単にすませることにしました。

買い出し後,キャンプ場に戻って,のんびりしたり,薪拾いをしていると,暗くなってきて,まったりとたき火をしていました。そして,気がつくと,椅子に座ったまま眠っていました。

 

何時に寝たのかは覚えていませんが,この日は早めに寝ることにしました。

 

翌朝,カラスの鳴き声で目が覚めましたが,テントから出ると,もう7時になっていました。カラスに起こされたのですが,なんだか,久しぶりに熟睡できたんじゃないかと思うくらい良く眠ることができました。

 

周りのテントも撤収を始めていたので,私も朝食を簡単に済ませて,すぐにテントを片付けて帰ることにしました。札幌に着く頃には大雨になっていて,早く帰ってきて良かったです。

 

なかなか来る機会はありませんが,一人でのキャンプも,たまには良いものでした。

上富良野岳~上ホロカメットク山

  2018/08/27    キャンプ・登山

 

こんにちは,高井です。

8月12日(日),数年前から登りに行こうと思っていた十勝岳連峰に登山に行ってきました。一度見てみたいと思っていた安政火口,山頂から十勝岳を眺めて見たいと思い,目指す山は,上ホロカメットク山としました。

 

朝4時に自宅を出発し,登山口である十勝岳温泉には6時30分に到着しましたが,天気は雨。上富良野町の市街地は曇り空だったのに,山に近づくにつれて雨がどんどん強くなってきました。登山口に到着しても車の外に出る気持ちにもならず,30分ほど待っていましたが,雨が止む気配はありません。待ってても雨は止みそうになかったので,午前7時に登山を開始しました。

 

天気は雨ですが,久しぶりに地図とコンパスを片手に登山道を歩き始めると気持ちは高まるものです。しかし,あるき続けても,途中,リスに出会いましたが,天気は回復しません。

 

富良野岳へ向かう分岐を過ぎると,きつい上り坂が続きます。地図にも300階段と記載があり,覚悟を決めて登り始めます。途中まで段数を数えていましたが,本当に300段位あるんじゃないかと思うくらい上りがずっと続きました。

ようやく登り切ると,今度は強い風を受けながらの山登りが続きます。やっとの思いで上富良野岳に到着しましたが,残念ながら山頂からは雲で真っ白で何も見えませんでした。

 

 

視界は何も見えませんが,せっかく来たし,今度いつ来られるかも分からないので,当初の目的地である上ホロカメットク山を目指すことにしました。

上ホロカメットク山の山頂に近づくにつれて,気がついたら,降り続けていた雨は止んでいました。山頂に到着後,近くにある避難小屋で天気の回復を待とうかな思い,避難小屋に向かって歩き始めると,突如として,今まで山を覆っていた雲がなくなりました。

 

 

突然,私の視界に稜線や避難小屋,遠くには十勝岳の姿が現れ,鳥肌が立つほど興奮してしまいました。

 

 

 

雨の中,登ったかいがありました。眼の前には,迫力のある景色が広がっていて,しばらくの間,その景色を眺めていました。

 

帰りは,これまで雲に隠れていた富良野岳を眺めながら,のんびりと下山しました。また,機会があったら,登りに来たいです。

 

家族信託教室 開催のご報告

こんにちは。粒来です。

 

去る8月18日(土),札幌市中央区の「かでる2・7」で,恒例の相続教室を開催しました。

(長期間ブログの更新をサボっていたのは,教室の準備で忙しかったからということにしておきます(´д`;))

 

昨年1月に相続教室を始めた当初は,遺言や成年後見など,従来から相続対策としてなじみのある手法を中心に紹介していました。

しかし,皆さん自主的に参加されるだけあって,相続対策については既にある程度の知識をお持ちです。

 

せっかくお越しいただくのだから,何か目新しくオリジナリティのある内容を提供できないものかと考えて,前回から内容を一新し,革新的な相続対策として注目を集めている「家族信託」にスポットを当てた企画にしています。

 

 

講師はいつもの通り,

先輩司法書士の髙井と,

 

私,粒来が務めました。

 

今回も,個人のお客様から不動産会社,金融機関の方など,幅広い年齢層や業種の方にご参加いただくことができ,あらためて家族信託の注目度の高さを感じました。

 

お忙しいところご参加いただきました皆様には,この場を借りて改めてお礼を申し上げます。

 

次回開催は,12月15日(土)13:30~の予定です。

内容は,未定鋭意検討中ですので,お楽しみにお待ちください!