スタッフ日記

卵 は身体に良い その2

  2017/03/30    糖質制限

こんにちは。椎名です。

卵 の話の続きです。

 

最近は,毎日,ゆで卵を4個は食べています。なんで4個なのか。

 

ゆで卵を作る器具が,一度に4個作れるから。(^^;)

電子レンジで,約10分くらいでゆで卵が4個出来ます。お手軽でお勧めです。

 

これで,ゆでる前に卵のお尻に小さな穴を開けておけば,殻をむきやすくなります。

 

まあ,飽きずに毎日食べられるのは,4個が限度かもしれません。

 

事務所に3個持参し,おやつ として食べています。

あと1個は,夕食の時にいただきます。

 

 

なんで卵をたくさん食べるかというと,私の理解では次のとおりです。

 

人間の身体を作っているのは たんぱく質 です。身体のたんぱく質は絶えず更新されているので,新たなたんぱく質の材料を食事から取る必要があります。たんぱく質の摂取量としては,一日に体重の1000分の1程度が目安です。私の体重は約65キログラムですので,一日に約65グラムのたんぱく質を食べなければなりません。

 

たんぱく質と言っても,アミノ酸スコアの高い良質のたんぱく質でなければなりません。アミノ酸スコアの高い良質のたんぱく質が 卵 なのです。

 

卵だけだと,一日に10個くらい食べないと,たんぱく質の摂取量を満たさないので,夕食に肉などを主にいただいて不足分を補っています。

 

糖質制限をする上で気をつけなければならないのは,必要な栄養は十分に取ると言うことです。糖質の多い食べ物は減らして,たんぱく質・脂質などは十分に取っています。カロリー計算なんて全く関係ありません。カロリーが高くても,糖質が多くなければ太りません。

 

カロリー計算自体,意味があるのか疑問です。だって,食物を燃やして求めるカロリー と 人間の身体の中での食物の代謝 と 何か関係があるのでしょうか。

 

たんぱく質を筆頭に十分な栄養を取って,さらに ビタミンC も大量に摂取した方が良いようです。ビタミンCはコラーゲンの生成にも関わっているので,美容にも良いようです。(^_^)v

 

また詳しく書きたいと思います。

 

メルマガ始めました!

  2017/03/16    お知らせ, ブログ, 相続・遺言

こんにちは。粒来です。

 

皆さまの相続問題に対する関心の高まりを受けて,数か月前から温めていた企画だったのですが,本日から毎月1回,弊事務所より『相続・贈与メールマガジン』を無料配信させていただくことになりました!

 

↑こんな感じです。

 

メルマガには,相続にまつわる話題やお役立ち情報を掲載した『相続・贈与マガジン』と,弊事務所のお便り『あいわ通信』を添付しており,法律知識のない方から,お仕事で相続問題に接する機会の多い方まで,幅広くお楽しみいただける内容になっています。

 

 

 

初回の本日は,今まで弊事務所とお取引があったり,弊事務所とご縁をいただいた方に配信させていただきました。

配信先にはご無沙汰していた方も多く,ご挨拶もなくいきなりメールを送り付けて怒られやしないかと多少の不安もあったのですが,幸い,反応は非常に良好でした。

早くも初日からメルマガを見てのご連絡をいただくこともでき,非常にありがたく,本当にうれしい限りです。

 

ただ,自分で言うのもなんですが私は叩かれて伸びるタイプなので,メルマガについてご意見等があれば,厳しいものでもご遠慮なくお寄せください。

 

 

また,今後,相続・贈与メールマガジンの配信をご希望の方がいらっしゃれば,

 

メールタイトルを「メルマガ配信希望」として,

メール本文に,

・お名前

・会社名

・配信を希望されるメールアドレス(PCまたはスマホ推奨)

・相続について知りたいこと,お悩みのこと(もしあれば)

 

をご記載のうえ,

 

担当司法書士 粒来(つぶらい)のメールアドレス

tuburai@aiwas.jp

 

まで,お気軽にご連絡ください。

 

賛否両論,ご連絡をお待ちしております!

 

相続セミナーのお知らせ

こんにちは,高井です。

弊事務所では,2017年4月16日(日)午後1時30分から

かでる2・7(中央区北2条西7丁目)で,相続セミナーを開催いたします。

第3回目の相続セミナーとなります。

テーマは,

~司法書士業務の現場から見えてくる相続対策の必要性~

と題して,実例をもとに,私(司法書士高井和馬)がお話をさせていただきます。

 

司法書士は,日常業務である不動産登記手続や裁判手続を通して,皆さまの「権利」,その中でも特に「財産権」を守ることを主な仕事としています。相続の場面では,不動産の名義変更などを通して,相続人の方に適切に遺産を承継するお手伝いをしております。また,最近では,成年後見制度を利用して認知症の方の財産管理をサポートする仕事も増えております。

 

しかし,これらの相続や成年後見の手続を進めるうえで,中には手続が円滑に進まないことがあります。例えば,一人の相続人の反対にあい遺産分割協議がまとまらないケースや,相続人の中に行方不明の方がいるケースなど,問題解決に非常に苦労する場面もあります。

このようなケースでは,実は,事前の相続対策さえとっておけば,手続きが迅速に終わり,費用もかからず,親族間の対立も起こることなく,円満・スムーズに相続手続が完了することがほとんどです。

 

そこで,この度のセミナーでは,普段,我々が業務を行う中で,事前に適切な相続対策をとっていなかったために,スムーズな相続を実現できなかったケースをご紹介することで,皆さまの今後の相続対策のご参考にして頂ければと思い,セミナーを開催させて頂くことにしました。

 

セミナーでは,相続対策の基本となる遺言について,円満相続を実現する遺言の作成ポイントをお伝えいたします。最近では,事前の相続対策の重要性も認識されつつあり,遺言を書く方が増えております。しかし,遺言もとりあえず書いておけば安心というわけではありません。そこで,セミナーでは,具体例をまじえながら,わかりやすく,遺言の作成ポイントをご説明いたします。

 

また,相続対策の基本は遺言を書くことですが,成年後見制度の制度上の限界から,遺言では対応できないケースもあり,最近では民事信託を活用するなど,新たな相続対策も注目されています。セミナーでは,このような遺言以外の相続対策の実例も,あわせてご紹介できればと考えております。

セミナー終了後は,ご希望に応じて個別相談を受け付けております。

 

セミナーにご興味のある方がいらっしゃいましたら,お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ電話番号

0120-913-317

 

下の写真は,2月19日(日)に開催した相続セミナーです。

ご参加いただきました皆さま,どうもありがとうございました。

380円

  2017/03/10    ブログ

おはようございます。大西です。

昨日3月9日,事務所を抜け出して(笑),近くのさんぱちにラーメンを食べに行ってきました。

3月8日が「さん」「ぱち」ということで,ラーメンが380円でした♪

私は,14時位に行ったのでそんなに混んでいませんでしたが,お昼時間は大変な状況だったのではないかと思います。

 

円山を登ってきました

  2017/03/08    キャンプ・登山

こんにちは,高井です。

 

3月5日(日)は,天気も良かったので,子どもと一緒に円山を登ってきました。

札幌の街中は,だいぶ雪も少なくなってきましたが,円山の登山道には,たくさんの雪が積もっていました。

今回も,いつも通り,八十八箇所コースから登り,動物園コースで下山するルートです。

登山道は,3月に入り,日中と夜の寒暖差がでてきたせいか,アイスバーンになっているところもありました。

 

 

しかし,私は軽アイゼンを装着し,娘もスパイクを長靴に縛り付けて登ったため,アイスバーンも苦にせず登ることができました。

 

3月になっても雪が,まだまだ残っていますので,登山者は少なく,静かな登山を楽しむことができました。

 

山頂からの景色は,迫力のある景色で,娘とお菓子を食べながら,しばらくの間,札幌の街並みを眺めていました。

今回のコースタイムは,登り40分,下り30分と,なかなかの好タイムでした。

 

下山後は,いつものとおり,動物園によって,キリンやカバなどをのんびりと見て,帰りました。

雪があるうちに,もう一度くらい登りに来たいです。

究極のソフトクリーム

  2017/03/07    ブログ

こんにちは,大西です。

この究極のソフトクリーム,とてもおいしいですよ。

最近は,カフェや温泉など,いろいろなところで見かけるようになりました。

ソフトクリームは濃厚なのにすっきりしていて,特に贅沢なところは,コーンがラングドシャなのです。

食べると幸せな気分になりますよ♪

相続対策の革命『民事信託』

  2017/03/06    ブログ, 相続・遺言

こんにちは。粒来です。

 

たまに真面目な記事を書こうと思ったら,また文字だけで長文になってしまいました。

以下,根比べのつもりで気長にお読みいただければ幸いです。

 

さて,みなさんは「民事信託」という制度をご存知でしょうか。

 

ますます社会の高齢化が進み,「終活」など生前からの相続対策に注目が集まっていますが,遺言や成年後見の制度が普及するにつれ,その構造的な弱点や限界も明るみに出てきました。

 

遺言では,自分が決められるのは自分が亡くなった時の財産の承継方法だけで,その後に財産を引き継いだ方が亡くなった時のことまでは指定できません。そのため,例えば先祖代々の土地を自分の親族に連綿と受け継いでもらいたいと考えていたとしても,相続関係によっては必ずしもそれを実現できるとは限りませんでした。

 

また,成年後見では,本人(被後見人)の財産を他人のために使ったり,リスクのある運用の仕方をすることは原則的に許されません。そのため,本人がいくら自分の財産を家族のために使いたい(あるいは遺したい),そのために自分の財産を積極的に活用したいと考えていたとしても,ひとたび本人の判断能力が減退し,後見が開始してしまうと,その後の本人財産の使いみちは非常に限定的なものにならざるを得ませんでした。

 

そんな中,それらの不都合を解消できる画期的なスキームとして注目されているのが,冒頭に書いた「民事信託」なのです。

どのような制度かというと,まず,本来はあらゆる権利を一緒くたに内包している「所有権」(物を所有している人がもつ,その物を好きにしていい権利)を,法律上,「その物を管理・処分する権利」と「その物から利益を受ける権利」の2つに分けてしまいます。そして,そのうちの「管理・処分する権利」だけを,もともとの所有者が信頼できる第三者に託し,その管理・処分の結果発生した利益は,別に指定する「利益を受ける権利」を持つ方が受け取ることにするという制度です。

 

「管理・処分する権利」を託される第三者(=受託者)は,もともとの所有者(=委託者)との間で,その物(=信託財産)を自分のためでなく,「利益を受ける権利」をもつ人(=受益者)のために管理・処分するという固い約束(=信託契約)をします。

それにより信託財産は,委託者の手は離れますが,かといって純粋な受託者の財産でもない,いわば宙ぶらりんの財産という特殊な状況に置かれることになります。

 

その結果,その後に委託者が亡くなったとしても,信託財産は当然に委託者の相続人に承継されるものではなくなります。信託契約の中で,最初の受益者が死亡した時に備えて二次的・三次的な受益者まで決めておけば,遺言では実現できなかった,自分の財産を引き継いだ方が亡くなった後の,連続的な財産の帰趨まで指定できるようになります。

 

また,認知症等で委託者の判断能力が衰えてしまっても,信託財産を管理・処分する権限は既に受託者に移っていますので,受託者が元気でいる限り,受託者が信託契約の内容に従って(たとえそれが委託者の家族のためや,積極的でリスクを伴う運用方法だったとしても問題なく)信託財産の管理・処分の方法を決めていくことができます。

 

いかがでしょうか。実に画期的な制度だとは思いませんか!?

 

と,ここまで本当に根気強くお読みいただいた方はお察しかもしれませんが,この制度,すごく分かりにくいのが難点です。

今までの常識にとらわれない画期的な解決方法であるがゆえに,そこで使われる考え方もまた,今までの常識から離れた,非常になじみの薄い,分かりづらいものになっています。

 

しかし,今までの制度の不都合を解消できる以上,需要は必ずあるはずで,そういう分かりにくいのと引き換えにメリットの大きいサービスというのは,まさに専門家の腕の見せ所ではないかと思っています。

 

ただ,分かりにくいのは私にとっても同じなので,自分の準備不足から依頼者の方のニーズに応えられないなんてことになったら目も当てられません。

司法書士になってもうすぐ7年ですが,これからもずっとコツコツ勉強の日々が続きそうです。

 

民事信託について興味がおありの方は,ぜひ当事務所までご相談ください!