スタッフ日記

滝野スノーワールド

  2017/01/13    ブログ

こんにちは,高井です。

12月23日に今シーズンの営業がスタートした「滝野スノーワールド」に,正月休みの間,子どもを連れて遊びに行きました。

 

今年は,雪が多く,チューブ滑りのコースは6コースもできあがっていました。

このチューブ滑りのコースは全長200メートルもあり,滑ると結構なスピードがでます。しかも,リフトがあって,チューブに乗ったままでスタート地点まで引き上げてくれます。

とても楽ちんで良いのですが,人気がすごくあり,1回滑るのに待ち時間が20分~30分ほどかかります。

私も子供たちも待つのが苦手で,数回滑ったら,早々に滝野の森ゾーンに移動し,そこでずっと遊んでいました。

 

滝野の森ゾーンに移動すると,中心ゾーンの賑わいとは真逆で,全然人がいません。私たちの他に2組ほどの親子が遊びに来ていた程度でした。

滝野の森ゾーンには,特別,何かあるというわけではないのですが,夏場では草木が生い茂って立ち入ることができないところにも,スノーシューを装着することで,踏み入っていくことができます。

スノーシューや尻すべりなどを無料でレンタルすることもできるので,手ぶらで行っても十分に楽しめます。

 

この日は,急な坂になっている「尻滑りエリア」で,ひたすら,登っては滑ってを繰り返していました。

初めは,雪が固まっていないのでなかなか滑っていきませんが,何度も滑っているうちに自然とコースができあがっていき,結構なスピードがでるようになってきます。

 

雪にまみれて,コースづくりに熱中し,気がついたら日が傾くまで,子どもたちと遊んでいました。

 

滝野の森ゾーンは,夏場にも何度か来ましたが,冬は,人が少なく,シーンと静まり返っています。スノーシューを装着して,新雪を歩くだけでも,楽しむことができます。

今シーズンも,あと数回は遊びに行きたいです。

 

 

レンタルしたスノーシューと尻すべりマットです。スタッフも親切で,スノーシューの装着の仕方も丁寧に教えてくれます。